H.265+とはどのようなものでしょうか?

フラストレーションの原因はなんでしょうか。

H.265+は、Hikvisionが独自開発したインテリジェントアルゴリズムで、標準のH.265コーデックに基づいてビデオのビットレートを大幅に下げることができます。HikvisionのH.265+は、標準H.265/高効率ビデオコーディング(HEVC)フォーマットに基づくように最適化されたビデオエンコーディング技術です。 

H.265+では、映像品質はH.265/HEVCとほぼ同等ですが、予測エンコーディング、ノイズ抑制、柔軟なビットレート制御という3つのキーテクノロジーにより、必要な伝送帯域幅とストレージ容量を削減します。

帯域幅の削減、データストレージの効率化、ビデオコンテンツ分析において、驚くほどの改善が見られます。 

課題とは?

フラストレーションの原因はなんでしょうか。

ウルトラHD監視カメラは以前から生産されていましたが、過剰な伝送帯域幅と膨大なストレージ容量が必要なため、すぐに普及することはありませんでした。ウルトラHDビデオストリームのビットレートを制限する方法は、プロジェクトにおいてウルトラHD監視カメラの適合性を決定する上で重大な問題となります。

この問題は、H.265の平均ビットレートの約32.4%を使用するHikvision H.265+のエンコーディング技術を使用することで解決できます(Hikvision H.265+エンコーディング技術ホワイトペーパー参照)。記録された映像のビットレートが大幅に削減されるため、帯域幅とストレージのコストも削減されます。

H.265+は、次のような特徴がある監視シナリオに対して最適化されています

H.265+は、次のような特徴がある監視シナリオに対して最適化されています
  • 背景の情報が安定しており、ほとんど変化しない。
  • 主要焦点領域である移動対象が、監視カメラ映像の大部分で時折しか現れない。
  • 24時間絶え間ない監視が必要。

H.265+によって、8MPや12MPのカメラなどのウルトラHD監視カメラの使用用途が広がります。

ダウンロード

関連リンク

その他のテクノロジーの詳細を見る

他にもご質問がありますか?

当サイトでは、ウェブサイト機能向上に必要なCookie(クッキー)を使用しています。お客様に弊社ウェブサイトを快適にご利用いただくために、新たなCookieの使用をご理解いただけると幸いです。詳しい情報は、クッキーポリシーでご確認ください。

お問い合わせ
back to top
Top