概要

安全で落ち着いた環境を構築することは、都市が発展し繁栄するために不可欠です。都市の人口密度が高まっている中、人と財産を保護するためのより高度なテクノロジーが必要になっています。過去数年間、都市管理は安全確保のために、警察と民間警備員といった人的資源に完全に依存していました。ビデオ技術の出現により、資産に目を光らすためのより効率的な方法が受け入れられるようになりました。現在、非常に基本的な監視システムにより、初期対応と犯罪捜査がはるかに簡単かつ迅速になっています。

このことは当然、効率化・インテリジェント化した都市管理への第一歩にすぎません。下のグラフは、安全な都市の全体的な進化を示しています。このプロセスから得られる見識は、インテリジェントなアプリケーションのみならず、最終的に驚くべき新たな用途を生み出し、安全な都市づくりのための絶え間ない改善が可能になります。

 

第一段階

 

基本的な都市の監視

 

都市の重要なエリアをカバーする CCTV 監視システムを構築し、区域間でビデオデータを統合して、都市レベルでの基礎的なセキュリティ状態を視覚化します。

 

 

 

 

 

 

第二段階

 

インテリジェントなビデオシステム

 

公共安全のリソースに加えて AI 機能とアプリケーションを実装することで都市のビデオシステムのインテリジェントな変革を推進してビデオ映像を IoT データに変換します。この段階で巡回、法執行、および資源調達の予定作成の効率向上により恩恵を受ける可能性が高くなります。

 

 

第三段階

 

データの融合と共有

 

インテリジェントビデオシステムで生成された IoT データを実際のビジネスニーズに応じて情報ネットワークからのデータと融合することで、付加価値のあるサービスと用途が提供されます。迅速に都市周辺の正確な状況認識ができるようになります。

 

 

Hikvision のソリューション

これまでに概説した行動の手順をたどることで、セーフシティの開発が複数の段階から成るプロセスとなることを容易に理解できます。新しい段階へ進む各手順から新たな可能性と機会をもたらすことができます。下の図では、これらの段階のために Hikvision が提供する全種類の制御システムが示してあります。

第一段階: 今後成長を続ける都市のセキュリティシステムの基盤を築く

地上制御システム

Hikvision は、公共のセキュリティニーズを満たすために複雑な都市のシナリオを想定して設計されたセキュリティカメラを提供しています。地上制御システムは、都市のセキュリティインフラストラクチャの基盤です。政策決定者は主要な場所や都市の主要道路に設置されているカメラから貴重な情報を継続的に得ることができます。

航空管制システム

高倍率の PTZ、測位システム、PanoVu カメラ、ドローン、および UAV 対処用機器を都市の高所に配備することにより、空域保護システムが形成されます。動的ノードと静的ノードの混合、および全体の認知と細部の撮影を組み合わせることで、航空制御システムは都市のセキュリティに不可欠な部分になっています。

移動制御システム

固定監視は通常、重要な都市のシーンをカバーしますが、範囲には限界があります。都市全体が対象となりますが、それは死角が残されているということです。移動制御システムは、この問題を解決するように調整されています。このシステムは、柔軟かつ機敏に対応できるように装着式カメラと携帯用 PTZ ドームから構成されており、緊急事態や固定監視ができない、または実行不能な場所で迅速に導入することができます。

アラーム制御システム

アラーム制御システムを設置することで人的資源を大幅に削減できますが、これはきわめて正確に構築する必要があります。Hikvision のスマート検知テクノロジでは、指令センタが受信したアラームの有効性と応答性が保証されています。同時に、都市に緊急アラームを実装すると、警察官は、事件が起きる前に、潜在的な被害者にビデオ通話で連絡することができるため、一般市民がさらに安心して暮らせるようになります。

第二段階:セーフシティのインテリジェンスを一段と進化させる新しい制御システムを導入 

インテリジェント制御システム

AI テクノロジーが進化するにつれ、都市のセキュリティは、前例のないほど効率が向上した、刺激的で新しいインテリジェントな時代に突入します。膨大な数の AI 機能を持ちビデオベースのセキュリティ業界を深く理解している Hikvision は、独自の深層学習アルゴリズムをエッジ領域のインテリジェントな知覚デバイスとクラウドの強力なコンピューティングデバイスに統合します。これにより、最終的に効果的で正確なデータが生成され、そのデータに基づいたさらに機能的なセキュリティアプリケーションが提供されます。

データセンター

5層の制御システムが組み合わされ、都市が包括的に網羅されますが、これだけでは不十分です。セーフシティの完成には、中央システムの構築が不可欠です。中央システムは、都市内の数千台のデバイスを接続する頭脳になります。Hikvision は視覚化されたリアルタイムでインテリジェントな中央システムを作成するために、フェイルセーフビデオストレージソリューションから高解像度の大画面ディスプレイ、中央計算機構への伝送、ビッグデータ、AI アルゴリズム訓練施設に至るさまざまな中央装置を提供しています。さらに、Hikvision は、データ処理と解析に基づいた豊富な多元的用途の機能を提供・共有するための強力な用途システムも提供します。

第三段階:世界中のパートナーやエンドユーザーと共に新分野を開拓

 

第1段階では都市に配置された多数のビデオリソースが土台となり、第2段階のインテリジェントなアップグレードにより、豊富なデータが生成されます。これが都市の IoT データになり、顧客のビジネス情報と組み合わさることで理解が深まり、都市のセキュリティシステムとサービスのカスタマイズが可能になります。

 

HIKVISION AI クラウド

 

上記の3段階にわたるシステム開発は、AI クラウドアーキテクチャに基づいて行われます。このAI クラウドアーキテクチャでは、セーフシティソリューションのさまざまなシナリオに適応するために、エッジノード、エッジドメイン、およびクラウドセンターが割り当てられ、さまざまな組織の各レベルの要件が満たされます。

クラウドセンター: 包括的用途
ビジネスデータと多元的ビッグデータの用途を融合

エッジ領域: 複数のシーン間にわたる用途
インテリジェントなアプリケーションおよびデータの収集、保存と処理

エッジノード: 単一シーン用途
多元的センサーからのデータの収集とフロントエンド処理

コアアドバンテージ
総合的な安全システム
  • 死角を残さず、全てをカバー
  • 24時間保護
徹底したソリューション
  • 情報収集、分析、処理、およびアプリケーションをカバー。
人工知能
  • 自社開発の深層学習アルゴリズムで複数シナリオのアプリケーションを強化
  • スマートシティの構築に対応するためにデータを拡充
開放性
  • クラウドアーキテクチャをベースに
  • インフラストラクチャ、データ、プラットフォームの機能、およびアプリケーションサービスをパートナーと共有
ダウンロードセンター

This website uses necessary cookies to enable the website to function well. We would like to use additional cookies to provide you the best experience on our website. For more information, please see our cookie policy.

お問い合わせ