IVAAS技術とはどのようなものでしょうか?

HikvisionのIVaaS技術は、以前は分離されていたCCTVと侵入警報システムを1つのプラットフォームにまとめ、警報作動時にメールまたはアプリから7秒のビデオクリップ(警報前5秒と警報後は2秒)を送信し、タイムリーな確認を可能にします。この技術により、カメラが接続されているアラームコントロールパネルから直接ライブビデオストリームの抽出が可能となります。

どのようなメリットがあるのでしょうか?

推測が不要になります

従来の侵入者警報システムには警報検証機能がありません。本当の侵入者以外が原因で警報が作動する可能性があります。このような誤報への対応は、家庭や事業主に大きな負担を強いることになります。また、誤報率が高いため、警察官がこのような通報に対して、タイムリーかつ優先的に対応することは実質的に不可能です。警報検証機能により、HikvisionのIVaaS技術は、侵入者警報の原因を決定しなければならないという推測をなくすことができます。

証拠映像の提供

市場に出回っている警報検証ソリューションの多くは、警報の検証を低品質の静止画像やビデオフィードに頼っています。ただし、これらの映像では詳細な検証はほとんど不可能です。HikvisionのIVaaS技術は、高品質のビデオクリップを法医学的証拠として提供できるため、侵入した容疑者の逮捕と損失の回復を容易にすることができます。

 

録画映像を安全に保存する

侵入者はカメラや検出装置を破壊してCCTVや警報システムを無効化し、利用可能な証拠を隠滅を図る傾向があります。目立たない警報コントロールパネルを設置することで、HikvisionのIVaaS技術はそのような破壊行為を防ぐことができます。侵入者が、侵入検知器、カメラ、電源システムを破壊しても、その瞬間の映像がコントロールパネルにストリーミングされ、安全に保存されます。

HikvisionのIVaaS技術は、誤報率が少なく価値ある情報をより多く提供できるという、フェイルセーフでスマートなセキュリティシステムのメリットがあります。サードパーティのIPカメラと統合できるよう専門的な設計が施されており、住宅や中小企業でのシナリオでさまざまなアプリケーションを提供しています。

その他のテクノロジーの詳細を見る
他にもご質問がありますか?

This website uses necessary cookies to enable the website to function well. We would like to use additional cookies to provide you the best experience on our website. For more information, please see our cookie policy.

お問い合わせ