薄暗いなかでも細部まで撮影を可能にするHikvision ColorVuカメラの強力な性能は、ハードウェアテクノロジの2つのブレークスルーである、先進的なレンズと高性能センサーが支えています。これを真っ暗な状況に備える補助照明と組み合わせることで、ColorVu カメラは必要なときに細部を色鮮やかに映し出す映像を確実にもたらします。

カラーが有るこそ、真実を見極める

 

Hikvisionは、長年にわたりイメージングでセキュリティ業界をリードしてきた。その伝統は、パワフルな新しいColorVu テクノロジーに引き継がれている。ColorVuテクノロジーは、非常に暗い環境の中でも、カメラがカラフルな映像を作り出すことを可能にする。左のビデオで、色が真実の物語を伝える際にどれほど重要かをご覧ください。

なぜカラーが必要

暗闇は、窃盗や不法侵入などの犯罪の隠れ蓑になる。

 

従来の赤外線照明付きカメラで夜間監視を行うと、人物や車両などの重要な対象物が背景に溶け込んでぼやけてしまい、詳細を確認することができない。

 

色に関する情報は多くの場面で重要であり、データや分析のための大きな資産となる。しかし、従来のカメラでは、白黒画像だけでは重要な情報が失われてしまう。ColorVu技術は、多くのセキュリティシステムユーザーが抱えるこの共通の課題を解決に至る。 

ColorVuテクノロジーとは

Hikvision ColorVuカメラは、高度なレンズと高性能センサーという2つのハードウェア技術の飛躍的な進歩により、低照度下でも細部まで鮮明に映し出すことができます。ColorVuカメラは、非常に暗いシーンでの補助光と相まって、必要なときにカラフルな細部の映像を保証する。

カメラの性能と主なメリット
ColorVu の主なメリット

 

ColorVuカメラの主なメリット

 

トゥルーカラー情報
- 正確なカラー表現
- 低照度環境下での優れたパフォーマンス


より豊かな細部表示
- 白黒画像と比べてクリアなカラーと鮮やかな細部


より良い視覚体験

- バランスの取れた輝度
- F1.0 の大口径と先進のセンサーでリアルな映像表現を保証
 

 

夜間性能比較

 

ColorVuカメラと従来のカメラの比較

このビデオでColorVuカメラの夜間のパフォーマンスを体験してみてください。

応用シーン
住宅
商業施設
駐車場
公園

集合住宅、アパートなどの住宅には、通路、階段、その他の屋外エリアなど、暗闇の中では危険が伴う可能性があり、移動が困難な場所がよくある。ColorVuカメラは、事件や事故が発生した場所を比類のない方法で監視し、エリアを照らすことでリスクを減らし、入居者や訪問者の安全を向上させる。また、より高品質な画像により、必要に応じて容疑者の特定が可能となり、居住者にとってより安全な環境を提供する。

出入り口はもちろん、暗い廊下や通路、ゴミ置き場、搬入口など、盗難などの犯罪が発生しやすい暗い屋内外のエリアを監視することができる。ColorVuカメラは、従業員、顧客、資産を保護しながら、より良い照明を提供し、敷地内や周辺での安全性を高める。

駐車場は様々な理由で守りにくい場所である。ColorVuカメラは補助照明を利用して、駐車場の安全性を高めることができる。つまり、追加の照明が無くても、高品質のフルカラー映像を撮れる。また、環境にやさしい自然光を利用しているため、ドライバーの視界を妨げることもない。これらの機能により、コストを削減しながら、人の服の色や車の色など、高解像度で詳細な画像を撮ることができ、必要に応じてすべての記録を警察に出すことができる。

ColorVuカメラを意図的に、歩道、遊び場、トイレの入り口、運動場など、事故やその他の事件のリスクとなる照明が限られた場所を照らす。夕方や夜の照明が改善されることで、地域の人々は安全で快適な生活を送ることができる。

製品カテゴリ
製品の注目点
ダウンロードセンター
ビデオを見る
その他の参考情報

当サイトでは、ウェブサイト機能向上に必要なCookie(クッキー)を使用しています。お客様に弊社ウェブサイトを快適にご利用いただくために、新たなCookieの使用をご理解いただけると幸いです。For more information, please see our cookie policy.

お問い合わせ