課題とは?

ほとんどのセキュリティインシデントは夜間に発生します。既知の犯罪のうち、その70%は暗闇の中で起こっています。容疑者に関する情報である顔の特徴、身長、服装や、車両に関する情報であるナンバープレート、色、車種は、すべて法医学的に重要な証拠となります。しかし、従来のカメラでは超低光量環境において、これらの重要な詳細をいとも簡単に見落としてしまうことがあります。赤外線により従来のカメラ画像の鮮明さは向上していますが、色の再現はできません。

問題のソリューション
問題に対する私たちのソリューション

Hikvisionは、さまざまな超低光量の環境下での画像処理に長年にわたる研究&開発の努力を捧げてきました。

2013年、Hikvisionは、より大きなセンサーとより大きな開口部が特徴のDarkFighter技術を搭載したカメラを発売しました。わずか4年後、Hikvisionは、革新的なデュアルセンサー設計が特徴のDarkFighterXで、業界の基準を打ち立てました。人間の目が色や明るさを知覚する仕組みを基に、輝度と鮮鋭度を保証するIRイメージング用センサーと、鮮やかな色彩の再現性を保証する可視光用センサーの2つのセンサーを採用しています。この2つの信号を合わせて「1つの明るいフルカラー」画像にします。

DarkFighterXテクノロジーにより、超低光量の環境でも驚くほど鮮明でクリアで比類のない明るさと鮮やかな色を持った撮影が可能になります。

使用上の注意: DarkFighterXは超光感度ですが、月明かりなどの環境光を必要とします。

4K システムの用途

DarkFighterXは、道路、鉄道、港湾、広場、水辺、公園、森林など幅広いセキュリティシナリオに使用することができ、必要に応じてあらゆる場所でカラフルで高解像度な映像が昼夜問わず撮影できます。 

 

<<4MPのDarkfighterXの性能を交差点の動画でご覧いただけます。

関連リンク
その他のテクノロジーの詳細を見る
他にもご質問がありますか?

当サイトでは、ウェブサイト機能向上に必要なCookie(クッキー)を使用しています。お客様に弊社ウェブサイトを快適にご利用いただくために、新たなCookieの使用をご理解いただけると幸いです。For more information, please see our cookie policy.

お問い合わせ