課題とは?

ビデオの読み取り/書き込み動作は、ストレージシステム全体のボトルネックになりがちな録画サーバーを経由するため、データストレージのスペースを占有しコストが増加します。従来のファイルシステムでは、周期的にデータが上書きされるため、ファイルの断片化が大量に発生していました。その結果、使用時間が長くなるにつれて、ストレージデバイスの性能が低下します。

さらに悪いことに、サーバーに障害や故障が発生した場合、データが読み取り専用になったり、簡単に失われてしまうこともあります。

問題のソリューション

ダイレクトストリーミングテクノロジ

Hikvisionのダイレクトストリーミング技術は、ビデオストリームがストレージデバイスへ直接書き込まれることを保証することで、ストレージサーバーを追加するコストを削減し、サーバーの故障やパフォーマンスのボトルネックの発生を予防します。高い信頼性が特徴の独立型ストレージデバイスを利用しているため、1台のディスクアレイで障害が発生しても他のディスクアレイに影響を与えることはありません。独自のビデオストリーミング保護メカニズムが、データの上書きによるファイルの断片化や、ストレージ性能やディスク使用率の低下を解消する手助けになります。

この技術が、クライアントとプラットフォームへの直接アクセスを可能にするため、エンドユーザーは高速で直接映像をダウンロード、検索、閲覧、再生することができます。ビデオデータのセキュリティを全社レベルで維持しつつ、処理を簡素化して検索と書き込み作業の効率を向上させます。

この技術は、ビデオストレージと管理システムの実装と拡張を容易にし、最も効率的な分散型ストレージと集中管理への道を開きます。

ラックスペースとネットワーク帯域幅の両方が制限されているシナリオに適しています。

ダイレクトストリーミング製品
すべて見る
その他のテクノロジーの詳細を見る
他にもご質問がありますか?

This website uses necessary cookies to enable the website to function well. We would like to use additional cookies to provide you the best experience on our website. For more information, please see our cookie policy.

お問い合わせ