Hikvision のソリューション

一日を通して店舗やモールに入る買い物客の人数を算出することで、数多くの方法で業務を改善するために役立つ可能性があります。例えば、混雑する時間帯のスタッフ数をニーズに正確に合わせ、サービスを改善し、空いた時間帯のスタッフ数を削減して運用コストを節約することが可能になります。

これらを含む数多くの方法で店内の人数を集計することで、小売業者が戦略の最適化と購入発生や収益の最大化に役立ちます。とは言え、長期間にわたって来店客数を正確に集計する作業は、従来型のカメラの技術が必ずしも対応しているとは限らないため、困難です。

ソリューションの機能

デュアルレンズと組み込みの深層学習アルゴリズムが搭載された Hikvision の人数集計カメラはきわめて正確であり、これまでの課題を克服する上で余りある精度が備わっています。

- 極めて高い精度

Hikvision のデュアルレンズ人数集計カメラは、人間を無生物や影と区別するための 3次元画像化を実現する設定が備わっており、精度が非常に高くなっています。

- 深層学習アルゴリズム

人数集計カメラには、人数をより正確に集計することを目的とした継続的な訓練および新しいデータセットによる改善が可能な深層学習アルゴリズムも組み込まれています。

用途
スタッフの配置スケジュールと運営を最適化

スタッフの配置スケジュールと運営を最適化

状況を深く把握することで、混雑する時間帯にスタッフ数を正確に増やしてサービスを改善し、静かな時間帯にスタッフ数を減らして運用効率を高めます

運用コストを評価

運用コストを評価

各店舗の来店者の流れの統計を取得し、どの店舗の運営効率が最適かを判断します。これにより、次回の賃貸料の支払いやその他の費用の評価基準が増えます。

マーケティング活動の ROI を測定

ユーザーは、入場率 (入場者と通過を比較) のデータを分析することにより、顧客を引き寄せるための戦略的マーケティング活動を作成することができます。

おすすめの製品
  • ショッピングモール、スーパーマーケット、美術館、展覧会
成功事例
ダウンロード

This website uses necessary cookies to enable the website to function well. We would like to use additional cookies to provide you the best experience on our website. For more information, please see our cookie policy.

お問い合わせ