概要

指令センターは銀行のセキュリティシステムの中心にあり、セキュリティ担当者が緊急事態を監視して対応します。指令センターで処理される情報が増えるにつれて、アラームが常時発せられる可能性があるため、管理チームは作業の流れを能率化するために、自動化されたツールを使用する必要があります。Hikvision の VMS はこれらのニーズに適格に応え、さらに自動化されたデバイスの状態をチェックするシステム、性能が優れたネットワーク適応機能、既存の SOP に組み込むことが可能な便利なアラーム管理手順といったさまざまな手段により指令センターの効率を高めます。

ソリューションの要点

mediaIamge

 

全チャンネル情報表示

一度にすべてのイベントを視野に入れることができます。スマートウォールにより、リアルタイムのビデオ監視や視覚アラームデータなどの強力な管理機能が提供されます。最大32面の監視画面と32台のデコードデバイスを柔軟な表示モードでサポートする機能により、一連のタスクが簡素化されます。

リアルタイムでのビデオおよび警報情報と併せて、PC画面をSmart Wallに投影することができます。全チャネルの情報表示により管理が簡素化され、チームは発生しているすべてのイベントを継続的に把握することができます。

LCD ビデオウォールの詳細を読む。

mediaIamge

ネットワーク適応・最適化フローティング と固定 IP との比較

フローティング IP を使用すると、従来の固定 IP と比較してコストを削減しつつ地域横断的な管理システムをより簡単に確立できます。 

スムーズストリーミング

Hikvision のスムーズストリーミングテクノロジ では低データレートの状況下でビットレートと解像度の自動調節が行われ、円滑なライブビューが保証されます。このテクノロジは、利用できる帯域幅が制限されることが多い銀行にとって特に便利です。円滑なライブ配信によりシステムがデータ処理メカニズムを適応させることで、パケット損失やエラーコードが原因の遅延やモザイク問題が解決されます。

H.265 および H.265+ コーデック

H.265 は最先端かつ業界標準の圧縮コーデックです。Hikvision は H.265 に自社開発の互換アルゴリズムを追加し、圧縮と伝送をさらに最適化する「H.265+」コーデックを作成しました。H.265 +コーデックテクノロジーにより、帯域幅とストレージ要件を大幅に削減することができます。H.265 コーデックに必要なストレージを約75% 削減します。 

mediaIamge

 

警報管理

包括的な警報のセンターモジュールにより、警報一覧、GIS 情報、および最大16本のビデオ監視の配信を同時に画面に表示することができます。

アラームのエスカレーション

主要オペレーターが応答しない場合には、アラームエスカレーションが発生します。初期オペレーターが無視すると、未処理の警報が転送され、上位の管理者にエスカレートされます。

モバイルアプリを介したアラームへの応答
権限のある担当者は、モバイルアプリを使用して、いつでもどこでもビデオフィードと警報を確認できます。モバイルアプリによりリモート点検が可能なため、企業の上層部はモバイルデバイスから警報を確認して、賢明かつ機敏な作業を行うために直接情報を取得することができます。
 

 

mediaIamge

 

メンテナンス

健全性監視
複雑なシステムには定期的な状態確認が必要です。それでも、時々軽微なエラーが発生します。健全性監視モジュールにより、セキュリティチームはデバイスの状態を1台ずつ確認する必要がなくなります。必要な情報は全てダッシュボードに表示され、直感的で明確な形で表示されます。エラーリストを用いてフラグが立てられたデバイスを検出して修正し、一元管理ダッシュボード1つで複数のシステムを管理します。

監査証跡
エラーのアラームを受信するだけでなく、エラーログを検証しシステムを妨害しようとする悪意のある試みがないことを確認することがセキュリティ管理者にとって重要です。監査証跡機能により、全てのログが1か所に集められます。しかも、にフィルターを使用することで、特定の記録を迅速かつ正確に検索し検出することができます。

HikCentral ソフトウェアの詳細を読む.

 

おすすめの製品

その他の参考情報


成功事例

当サイトでは、ウェブサイト機能向上に必要なCookie(クッキー)を使用しています。お客様に弊社ウェブサイトを快適にご利用いただくために、新たなCookieの使用をご理解いただけると幸いです。詳しい情報は、クッキーポリシーでご確認ください。

お問い合わせ
back to top
Top