Hikvision のソリューション

今日の買い物客は、食料品の買い物にかける時間が以前よりもなく、迅速かつ簡単な清算を求めています。それでは、どのようにすれば待ち時間を最小限に抑え、伸び続けるレジの列に迅速に対処することができるのでしょうか。インテリジェントな行列検知技術が解決策になり得ます。

行列検知技術ではカメラを用いて列に並んでいる人の人数が事前に設定されたしきい値まで集計されます。買い物客の人数がしきい値に達した後もさらに客が列に加わり待機し続けると、店舗の管理者に新しいチェックアウトカウンターまたはレジを開くようにシステムから通知を受けます。

用途

Hikvision の市場をリードする行列検知技術はスーパーマーケット、展示ホール、チェーンストアやその他の何らかの支払いを待つ必要がある小売店に最先端のフロー分析を提供することを目的として構築されています。これらのインテリジェント分析の用途は以下になります: 

用途

顧客体験を向上させる 

Hikvision の高解像度カメラに組み込まれ、深層学習アルゴリズムが搭載されたこの使いやすいテクノロジは人数の集計が非常に正確であり、具体的な滞留時間を検出することもできます。

列や待機時間が長すぎると、運営システムが店舗管理者に新しいレジを開くように迅速に通知できるため、顧客は清算を迅速かつ簡単に進めることができます。 

用途

従業員のスケジュールを最適化する

行列検知技術により、管理者は経時的に店舗の運営効率を向上させることができます。指定された営業時間中の典型的な顧客の流れの実態を新たに把握することで、管理者はそうした実態に応じて従業員の数を増減することができます。 

おすすめの製品

  • ショッピングモール、スーパーマーケット、空港、駅

関連記事

当サイトでは、ウェブサイト機能向上に必要なCookie(クッキー)を使用しています。お客様に弊社ウェブサイトを快適にご利用いただくために、新たなCookieの使用をご理解いただけると幸いです。詳しい情報は、クッキーポリシーでご確認ください。

お問い合わせ
back to top
Top