Hikvision のソリューション

Hikvision のサーモグラフィカメラは、火災につながる温度異常の検知、機械や電気システムの潜在的な問題の原因となる高温部や目に見えない不具合の発見などに広く利用されています。また、従来の測定ツールではカバーするのが難しい区域の監視にも使用できます。

 

ディープラーニングに基づくダイナミックな火災検知がタレット/バレットカメラの特長の 1 つで、世界の気候情報に関する膨大なデータを含む Hikvision のセキュリティビッグデータを活かして、考えられる最高の検知精度を実現しています。便利な携帯型サーモグラフィカメラが、温度が異常になっている範囲をすばやく特定し、可視化されたメタデータと併せて便利な LCD 画面に表示します。

 

Hikvision のサーモグラフィカメラの特長は次のとおりです。
 

  • 高精度の温度測定
    • Hikvision は、厳密な較正と規格化された試験手続きを通じて温度測定モデルを確立しており、最高 ±2 ℃または ±2 %(いずれかの高いほう)という優れた安定性と高精度を実現しています。

  • 柔軟なルール
    • Hikvision のサーマル製品は、点、線、フレームによる測定という複数の温度測定ルールに対応しています。各種用途に応じてルールを選択することで、精度を最大限に高められます。

  • 鮮明な画像
    • Hikvision のサーマルカメラは、自動ゲインコントロール、デジタルディテール補正、3D デジタルノイズ除去などの先進技術を活かして、業界でも類を見ない鮮明なサーマル画像を提供します。

  • 直感的なユーザーインタフェース
    • Hikvision は、オンラインおよびオフラインで温度分析ができる強力な専用ソフトウェア iVMS-4800 をご用意しています。これを使用することで、測定ルールの設定、結果の視覚的表示、試験報告の生成ができます。また、外出先で使用できる Hik-Thermal アプリのご用意もあります。

製品カテゴリ
バレットシリーズ

サーモグラフィバレットカメラは -20°C ~ 550°C(-4°F ~ 1,022°F)の温度測定範囲に対応します(精度 ±2°C または±2%)。変電所、工場の組立ライン、その他重要な用途に広く使用されています。

PT シリーズ

PT シリーズには、スピードドームカメラと測位システムカメラがラインアップされています。いずれもサーマルモジュールと光学モジュールが装備されています。Hikvision 独自の温度測定アルゴリズムを搭載したサーモグラフィ PT シリーズは、-20°C ~ 550°C(-4°F ~ 1,022°F)の温度測定範囲に対応します(精度 ±2°C または ±2%)。PT シリーズは、ロングレンジの温度測定を必要とするさまざまな用途に最適なソリューションです。

温度スクリーニングシリーズ

Hikvision 独自の UFPA と温度測定アルゴリズムの利点を活かし、温度スクリーニングシリーズのすべてのカメラは ±0.5℃ の精度で温度を検知できます。黒体キャリブレータを使用すると、±0.3℃ の精度を実現できます。

固定型シリーズ

Hikvision 独自の温度測定アルゴリズムを活用した固定型サーモグラフィシリーズは、-20°C ~ 550°C(-4°F ~ 1,022°F)の温度測定範囲に対応します(精度 ±2°C または ±2%)。さらに、小型の筐体とイーサネット出力により、他社製品との連携が容易です。

特殊産業シリーズ

特殊産業シリーズの Hikvision 防爆サーモグラフィバレットカメラは、316L ステンレス鋼を採用しています。石油精製、薬品工場など、引火性の高い環境の厳しい要件に応えます。また、特殊産業シリーズには防食用途向けに設計されたハードウェアが採用されています。

ダウンロード
関連リンク

当サイトでは、ウェブサイト機能向上に必要なCookie(クッキー)を使用しています。お客様に弊社ウェブサイトを快適にご利用いただくために、新たなCookieの使用をご理解いただけると幸いです。For more information, please see our cookie policy.

お問い合わせ