Hikvision のソリューション

絶対零度を上回る温度の物体は例外なく、検出可能な赤外(IR)線を放っています。物体の温度が高いほど、放たれる赤外線も強くなります。サーマルカメラは、物体間の IR 強度の違いを利用して、目に見えない IR をヒートゾーン画像の形で「可視化」します。

セキュリティ、サーモグラフィ、商用ビジョンに対応している Hikvision サーマルカメラは、境界保護、温度測定、火災検知などの多彩な用途にわたって多層的な状況認識を実現します。このカメラは、照明や天候の条件を問わず遠距離から「見る」ことにより、ディープラーニング機能を用いて人や車両を他の物体と区別します。可視光画像や可視化メタデータの機能も備えた Hikvision サーマルカメラは、イベントや緊急事態の認識能力を 24 時間体制で強化するのに最適です。

セキュリティシリーズは、過酷な屋外環境に耐える設計に先進テクノロジを搭載しており、重要なインフラストラクチャを守る高機能の境界保護システムを簡単に実現できます。携帯型のサーモグラフィシリーズは、フォームファクタは薄く、モデルと外観が多彩で、屋内防火、電気検査や機械検査など、幅広い用途で使われています。商用ビジョンシリーズは、携帯型の単眼鏡および双眼鏡デバイスやコアサーマルコンポーネントで、サーマルテクノロジの商業用途に新たな可能性を広げています。

Hikvision のサーマル製品には、環境への優れた適応性を実現する革新的な 3 つの機能があります。それは、自動ゲインコントロール(AGC)、デジタルディテール補正、(DDE)、3D デジタルノイズ除去(DNR)です。AGC は画像のダイナミックレンジを調整して、画像の輝度のバランスを維持します。DDE は、関心領域を定義するアルゴリズムをベースに、表示画面の画像をより詳細にレンダリングします。3D DNR は「ホットピクセル」による影響を最小化して画像をいっそう鮮明にします。

Hikvision のサーマル製品の特長は次のとおりです。

  • 高性能検知器
    • 全製品に NETD が 40 mK 未満の高性能検知器が採用されています。一部製品の NETD は 35 mK 未満です。

  • 独自の画像処理
    • 画像テクノロジ分野での 16 年の経験を活かした Hikvision 独自の AGC、DDE、3D DNR 技術が、画像処理に大きな利点をもたらしています。

  • 自己保護メカニズム
    • Hikvision のサーマル製品は実証済みの機能を強化して、過酷な環境(-40 ℃ ~ 60 ℃)でも動作し、インテリジェントな加熱/冷却調整による自己保護温度制御が、年中無休の運転での凍結や曇りを防ぎます。

  • 安定した長距離伝送
    • 普通のカメラは ±10 %の電圧変動にしか耐えられません。Hikvision のサーマルカメラは特別に設計されており、最大 ±20 %の電圧変動と 5 %パケット喪失に対応できます。

  • 可視光モジュールの位置決めが容易
    • バイスペクトル製品の大半で、可視光モジュール用の正確な位置決めが非常に難しく、手作業での調整が絶えず必要です。それに対し、Hikvision の光学およびサーマル PTZ カメラは軸調整テクノロジを搭載しており、サーマル画像と可視光画像の視野が正確に合います。サーマルモジュールが異常を検知すると、可視光モジュールが関連する細部を自動的に特定して追跡します。

製品カテゴリ
セキュリティサーマルカメラ

Hikvision のセキュリティサーマルカメラに搭載される高性能熱検知器は、効率性に優れた高い画像処理能力を提供します。24 時間 365 日の境界警備に最適です。

サーモグラフィサーマルカメラ

Hikvision のサーモグラフィカメラは、火災につながる温度異常の検知、機械や電気システムの潜在的な問題の原因となる高温部や目に見えない不具合の発見などに広く利用されています。

ダウンロード
関連リンク

当サイトでは、ウェブサイト機能向上に必要なCookie(クッキー)を使用しています。お客様に弊社ウェブサイトを快適にご利用いただくために、新たなCookieの使用をご理解いただけると幸いです。詳しい情報は、クッキーポリシーでご確認ください。

お問い合わせ
back to top
Top