Hikvision のソリューション

Hikvision のセキュリティレーダーは、非常に厳しい天候条件でも 1 台のレーダーで最大 32 人の侵入者の位置と動きの軌跡を正確に特定できる、最新の Hikvision テクノロジを使用しています。Hikvision セキュリティレーダーは、苛酷な天候にさらされる広範囲の領域や、境界環境が複雑でビデオ監視カメラの配備だけでは対応しきれない場所の監視に最適です。この最先端のソリューションは、あらゆる天候で高い信頼性を発揮するほか、検出角度が大きく、非常に正確な侵入者検知機能を備えているので、港、空港、広大で出入りの多い工業エリアなどの場所に最適です。

システムの特長

広い範囲の正確な検知

 

赤外線やビデオによるアクティブな動体検知を行う従来のカメラや導体検知器は、検知エリアにおける侵入者の正確な位置を特定する能力に限界があります。

Hikvision のレーダーは、デジタルビーム形成テクノロジとインテリジェントな分析アルゴリズムにより正確な位置を特定し、侵入者の方位、動きの軌跡、速度に関する情報を提供します。Hikvision セキュリティレーダーは、100°にわたる広い角度と、最大 60m の距離で正確に侵入者を検知できます。 

高い信頼性

 

レーダーの正確性は天候に左右されないので、雨、雪、濃霧などの天候において従来の CCTV システムを補完するものとして活用できます。

ビデオのリンクによる侵入者の目視での確認

 

Hikvision セキュリティレーダーは、同時に最大 4 台の Hikvision PTZ ドームカメラとリンクすることもできます。リンクを設定すると、侵入者を検知したときにアラームを作動させるだけでなく、ビデオ録画を開始し、侵入者を目視で確認することができます。さらに、カメラとレーダーは別の場所に設置することも可能です。Hikvision 独自の特許取得済みビデオリンクソリューションにより、駆け足、忍び足、中腰、匍匐前進など、侵入者の正確な動きを特定しつつ、ターゲットの複数の映像を同時に表示し、正確に追跡して、記録することができます。 

多種の用途に適合

 

Hikvision セキュリティレーダーには、複数のシーンモードが用意されているので、さまざまな用途に利用できます。たとえば、シュラブ(低木)モードは風に揺らぐ木々や大雨などで誤報が生じないので、うっそうとした森林に囲まれた区域に最適です。オープンエリアモードは、港などの、広大で出入りが多く、機密性の高い場所に最適です。また、カスタムモードでは、特定のニーズに合わせて設定を微調整することができます。

柔軟な設置と簡単な接続

 

Hikvision セキュリティレーダーは、バレット PTZ ブラケットなどの多様なブラケットに適合しており、簡単に設置できます。また、Power over Ethernet(PoE)もサポートしているので、接続するだけですぐに使うことができます。

使用場所
製品カテゴリ
関連リンク

当サイトでは、ウェブサイト機能向上に必要なCookie(クッキー)を使用しています。お客様に弊社ウェブサイトを快適にご利用いただくために、新たなCookieの使用をご理解いただけると幸いです。For more information, please see our cookie policy.

お問い合わせ